杉並トライアングル

アクセスカウンタ

zoom RSS 2012年11月11日 シュトゥーベン・オータマ(福生)

<<   作成日時 : 2012/12/06 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年、一昨年とこの時期に勤務先の行事があり、青梅に出かけた。
その帰りに寄ったのが、福生の「シュトゥーベン・オータマ」。

「大多摩ハム」直営のレストランであり、2000年の初訪問以来、多い年でも三回、少ない年では一回という限られた回数ながら、ほぼ毎年のように足を運んでいる。

今年も勤務先の行事が青梅で昨日(11月10日)開催されたものの、今回は別件の予定をすでに入れていたため、参加することができなかった。

その代わり、と特に意識したわけでもないながら、今日は陸上自衛隊立川駐屯地にて開催された、防災航空祭を見に来た。

立川駅北口から西に向かって歩き、昭和記念公園の入り口付近から北に延び、五日市街道に至る都道153号線の周辺には駐屯地の他に、警察庁、警視庁、消防庁、海上保安庁などの関連施設をはじめ、東京拘置所、自治大学、国語研究所など、国や都の施設が蝟集している。
このところこの地域に足を運ぶ機会が重なって、先月の8日には消防庁立川防災館、13日には海上保安試験研究センターの「海保フェア」を見学した。

立川駐屯地での防災航空祭には、数多くのヘリコプターが飛来していて、一般の見学客を乗せて体験飛行も行っていた。
残念ながら時間が合わず、これに参加することはできなかった。
乗れはしなくても、ヘリコプターをこれほど間近で、しかもこれだけの数を見たのは初めての経験で、メインローターの巻き起こす風の強さは、想像していた以上であった。

見学途中から雨が降り出した中、駐屯地を出た後は、都道153号線から芋窪街道に出て、西武拝島線の玉川上水駅までを歩こうと思う。

途中、芋窪街道まで出る道を少しばかり誤って、多摩都市モノレール本社ビルの前に出てしまう。
ただしそのおかげで、モノレールの整備工場も併設されている本社の、引き込み線を見ることができた。

多摩川上水駅から西武線で拝島、拝島から青梅線で福生に着いたのは17時30分を少し過ぎた頃。
「シュトゥーベン・オータマ」には先ほど電話を入れてあって、18時に予約している。

まだ早いので時間を少しつぶしてから、とも思ったものの、早めに入れてくれればそれで良いし、待って欲しいと言われれば1階の売店でも覗いていればいいかと、まっすぐ「シュトゥーベン・オータマ」に向かう。
幸いにして、予約時刻前にもかかわらず、気持ちよく2階の席に案内していただいた。

席について、まずは日本酒「多満自慢」で知られる福生の酒蔵、「石川酒造」の地ビール「多摩の恵み」から、「ペールエール」をピッチャー(1,700ml、2,310円)で。

料理は、TOKYO-Xソーセージ盛り合わせ(1,344円)、TOKYO-Xハム盛り合わせ(1,344円)と、トマトサラダ(546円)、コールスローサラダ(420円)をお願いする。

「大多摩ハム」は、日本にドイツ式ハムを伝えたアウグスト・ローマイヤの直弟子、小林榮次氏が1932年に設立した「小林ハム商会」を前身とする。
TOKYO-Xは、鹿児島黒豚や英国バークシャーの「細かい筋繊維」、デュロックの「霜降り」、北京黒豚の「脂肪の旨み」、この全てを兼ね備えた豚を開発できないものかと、東京都が取り組んだ「X豚プロジェクト」より生まれた品種である。
(以上、「大多摩ハム」のホームページより)

これほど「旨味」を感じさせるハムも少ないのではないか、と毎年来ていても改めてそう思う。
このハムやソーセージをつまみながら、「多摩の恵み」を楽しみたくて、この店に来たくなるのである。

ペールエールが空いて、次は「多摩の恵み」の「デュンケル」をもちろんピッチャー(2,310円)で。
料理は、これもいつものように頼んでいるアイスバイン(3,192円)。

骨からはがし、こそげ落とすようにしてアイスバインを切り分けてつまんでいれば、「デュンケル」も程なく空き、次は「オーガニックピルス」(ピッチャー、2,310円)。
この「多摩の恵み」というビールは、いくらでもすいすいと喉を下りていく感覚だ。

料理は、このところ「大多摩ハム」がTOKYO-Xと並んで力を入れているらしい、東京うこっけいの料理から、うこっけいハムとレバーペーストのサラダ(630円)をお願いする。
これもまた当たり前のように「多摩の恵み」を進ませて、結局4杯目のピッチャーは「ペールエール」に戻る。

ここまできて、ようやく「締め」にたどり着く。
TOKYO-Xのハムやソーセージを載せた、ピッツァX(1,407円)。

今日は三人で来ている。
ピッツァXで充分満足しながら、他の二人はデザートまで行こうと言い、アイスクリームの盛り合わせ(420円)を頼んでいる。

それではと、こちらはアイスクリームという気分ではちょっとなかったので、東京うこっけいスープ(378円)をいただく。
旨味溢れるスープは、腹八分目どころか、十二分目くらいの状態の胃にも、何の抵抗もなく下りていく。

今日は三人で、19,060円。

けっして安いと言えないとは思う。
ただ、それだけの価値は充分あるとも思うのは、毎度のことだ。

店名:シュトゥーベン・オータマ
住所:〒197-0011 東京都福生市福生785(大多摩ハム敷地内)
営業時間:平日17:30〜22:30(21:30ラストオーダー)
     土日祝17:00〜22:30(21:30ラストオーダー)
     火曜定休

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2012年11月11日 シュトゥーベン・オータマ(福生) 杉並トライアングル/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる